blog index

◇だぜう記◇

あー、なんか無性にフルモッフしたい。
<< アサクリ2発売まであと3日 −で、どこまでエッチオ?− | main | アサクリ2発売まであと1日 −あとはもう待つだけ− >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
アサクリ2発売まであと2日 −世界のアサシン教団から−
エルサレム
ダマレカス
アッカ(悪化ver)
↑それぞれ雰囲気が違う3大都市
(因みに私は白馬にしか乗らない)
---------------

アサシンクリード2』略してアサクリ2が12月3日に発売します。
Amazonから未だに振り込めメールが届かない…。
一部で流行ってる「振り込めない詐欺」ですか?そうですか。

PS2ユーザーだった私が初めてXBOX360をプレイしたとき、見たこともない綺麗なグラフィックにドキがムラムラしました。
あ、胸がドキドキしました。

アサクリは特に街の風景や空気の表現が素晴らしい。
建物は精巧にできていて、経年による劣化が良く表現できてるし、その間の道を往来する人々の流れはとても自然でリアリティがあります。
RPGの世界では、いわゆるモブキャラは決められた場所で決められた通りに動いて、主人公が話しかけてくるのをひたすら待っているのがセオリーです。
アサクリの住人は会話することができませんが、その分膨大な人数が街の中を歩いており、"人混み"というリアルな街の景色を創り上げています。

この人混みの中に紛れ、要人に近づき、ブスリと暗殺する。
ゲームのパッケージにも書かれている通り、人混みに紛れて暗殺することがこのゲームの醍醐味であり、最後まで敵に気付かれずに暗殺できた時は快感モノですね。
うちのアサシンはヘタレなので、すぐ気付かれてチャンバラになるけど。

アサクリ1では有名なエルサレムなどの4都市と、それらを繋ぐフィールドの5つのマップが用意されています。
どの都市も見事に創り上げられていて、画面から伝わってくる空気もそれぞれ違います。
イスラム教徒が多い街や、協会が点在している街、アサシン教団のアジト(ちょい小規模)…。
毛色の違う街を散歩するだけでも楽しい。
アサクリが「観光ゲー」と言われてる由縁が、リアルなこの表現力なワケです。

1ではシリア、そして2ではイタリアへ。
2でも美麗なグラフィックは健在らしいので、はやく水の都を歩き回ってみたいです。

で、いつAmazonから請求がくるんだろう…。
| NAU | 紹介/レビュー | 23:59 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:59 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする


     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

bolg index このページの先頭へ