blog index

◇だぜう記◇

あー、なんか無性にフルモッフしたい。
<< 食べれる目玉を作ってみた | main | 最後かもしれないだろ?だから、東京さ行ってくるだ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
「萌!萌がいい!!」
私が夜ひとりでトイレに行けなかったり連日おねしょしていた幼少時代。
それはNHKの番組「天才てれびくん」から発せられた。
後の世に「バーチャル3部作」と呼ばれる、実写とアニメを混合したストーリーの第1作目。
『恐竜惑星』に出てくる主人公の女の子が言い放った一言である。


…というわけで。
実質1回しか聞いてないセリフなんですが(「萌!萌がいい!!」)、なぜか頭に残っています。
あの頃は「萌」なんて言葉は世間に氾濫していなかったハズなんですが…。
因みにこのセリフは、恐竜がいるバーチャル世界(アニメ)に行った時に名乗る自分の名前を、現実世界(実写)の主人公が決めたところで発言しています。
(つまり主人公の女の子の名前は「萌ちゃん」)

この話は幼心に結構楽しめ、毎日見ていた記憶があります。
いつの間にか2作目のジーンダイバー」に進んでいたことに気づかなかったり、見ていたクセに内容をほとんど覚えていなかったりするので、当時は話をほとんど理解しないで雰囲気だけを楽しんで観ていたのだと思います。

第2部の『ジーンダイバー』だけ某微笑動画と某ようつべに全話分UPされていたので先日2/3ほど一気に見たのですが、大きくなった今でも内容がほとんど理解できません。どうしてよ(泣)
大筋のストーリー(主人公がチョメチョメしました→敵が襲ってきました→なんやかんやで和解しました)は分かるのですが、こちらの歴史軸に他の世界からやってきた違う歴史軸の種族がこちらに介入して〜とか、DNAを採取して○○○をして×××だ!!とか△△△の影響でバーチャル世界が□□□になったとか宇宙人、未来人、超能力者がいたらあたしのところに来なさいとか、
自分には高度すぎる言葉や考察がたくさん出てきて難しい(-_-;)

実際に、放送当時としては先進的な考えや資料を基に製作された作品のようです。
今の時代あまり見ない良アニメだと思いました。理解できるかどうかは置いといて。

個人的には2部でバーチャル世界に出てくる人型ネズミさんが一番好きでした。
(因みに3作目の『救命戦士ナノセイバー』は観たことないです)

いやぁ、当時は気にしなかったけど今見直すと子役メチャクチャ大根だなぁ(汗)
| NAU | 雑記 | 22:21 | comments(2) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 22:21 | - | - | pookmark |
コメント
自分も当時その2作品見てましたよ〜^^

記憶は朧気ですが2作品主人公共通の「加速装置」みたいなスキルで
速さに比例して空間も一緒に圧縮されてしまい
例え「すなかけ」みたいなショボい技でも動けなくなってしまう
みたいな設定に、子供心に「おお!!」と感動した覚えがあります。

あの2作品、凄く面白かったんですけど
他人に説明しようとすると、小難しい設定満載みたいにしか説明出来ないのが難点ですよね(笑)
| ごまづぃ | 2009/08/22 7:53 PM |
≫ごまづぃさん
タイムブースターを使っている最中は息をし辛いという設定があったと思うんですが、その設定のせいで当時の自分はその装置を起動するたびに息を止めていた記憶があります(笑)
なのであまりあの装置好きじゃないんですよね(^^;)
昔を思い出してかは知りませんが、作中であれを使われると今でも息が苦しくなりました(苦笑)

ついこの前最終回を見終えましたけど、今見てもやっぱり難しかったです。
あれがNHKの教育テレビで放映されていたのかと思うと、違和感がありますねぇ…。
現実世界側でサポート役を演じていた男の子も難しい単語が入ったセリフ言いっぱなしだったし、台本を必死に暗記しているとこを想像すると素直に「スゲェなぁ…」と思いました。
| NAU | 2009/09/07 6:37 PM |
コメントする


  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

bolg index このページの先頭へ