blog index

◇だぜう記◇

あー、なんか無性にフルモッフしたい。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
ドラマ「獣医ドリトル」1話感想
ネタバレ度≫ 弱【】強

開始30分くらい見忘れてしまったので、それ以降の感想です。
予備知識として、あらすじを転載します↓

TBSサイト「獣医ドリトル」あらすじより
(参照) http://www.tbs.co.jp/jyuui-dolittle/story/1.html

「ペットはビジネス」という言葉を言う獣医と、それは違うと言うあすか。
法外な手術台を請求するというドリトルが、猫やらコモンマーモセット相手にどんだけ請求するのかと思っていたら、それぞれ100万と200万。
んー、確かに高いけど、そこまで酷い請求額かいな?
てっきり1千万くらい要求するのかと思っていました。

確かに人間だけを相手する医者と違って、何種類もいる動物をひとつの門戸で診療しなければいけない獣医は、かなり大変な職業だと思います。
人間の場合、どこが痛いのか、どうしてほしいのかを医者に伝えることができるけれど、動物は話すことができないので飼い主からの又聞きか推察で治療しないといけないというのは、人間のときと比べてはるかにリスクが高いなと感じました。

話の中で安楽死のことも出てきました。
日本より獣医療が進んでいるヨーロッパでは、日本の場合と違いわりとすぐに「安楽死」を勧める傾向があることは知っていましたが、その理由の一端に、治療に失敗したらすぐに訴訟を起こされる為、難しい手術をやりたがらない(=安楽死を勧める)という事実があるのですね。
獣医療が日本より進んでいるという海外でも、それなりに問題が潜んでいるということなのか。

最後は「ナニコレ、始めると成績が上がるだけじゃなく友達もできて女の子にもモテて部活でも活躍することができる進研ゼミかい?」と思うような展開でしたが、日本のドラマとしては面白かったほうだと思います。
案件を温めてた社員があんだけゴロゴロいる会社、そうそうないぞ(汗)
| NAU | 紹介/レビュー | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
痛い着メロ
…を設定しているので、私に電話とメールを仕掛ける時は慎重に行なってください。
まあ、ずぼらな性格だから滅多にメールとか来ないんだけどね。ハハッ(乾いた笑い)
今日各々のメールを返信しました。該当する方々ごめんなさい(_ _)ヾ


どうでも良い情報その1
◎今のメール着信音◎

コメントは非表示推奨かも。


どうでも良い情報その2
◎今のうんこ着信音◎

びっくりするほどキレイな●●●!
| NAU | 紹介/レビュー | 22:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
アサクリ2発売まであと1日 −あとはもう待つだけ−
手を離したら死ぬ

アサシンクリード2』略してアサクリ2が明日ついに発売します!
そして発売日10日前から書いていたカウントダウン記事も、欠かすことなく最終日まで書ききることができました。
10日連続で掲載しつづけるのは辛かった…。けれどその分アサクリ2への期待を目茶苦茶高めることができました(フラグ)
あとは明日中に無事Amazonからソフトが届いてプレイできれば嬉しいのですけどね…はは。

今日は発売日前日ということなので、アサクリ2の話題でも。
といっても、海外版が発売されたあたりから情報サイトを覗きに行っていないので、周知になっていることしか書けませんが。


アサクリ1から2になって大きく変わったところ。
アサクリ2からは、お金を所持することができるようになりました。
それに連動して今まで空気だった街の住人達を買収し、仲間にしたりすることができるようになりました。
1では中二病のじじいとツンデレな元同僚しか話し相手がいなくて荒んだアサシンライフを送っていた主人公でしたが、2の主人公は元貴族の恩恵を受けてるし金も持てるし女遊びはできるしでわりと恵まれた環境になりましたね。

ぱっと見て分かりやすい変化は、時間が経過するようになり夜にも行動できるようになったことと、装備品を色々変えられるようになったことでしょうか。
これでひとつの街の景色にもメリハリができて、散歩が更に楽しくなりそうです。
いつも視界に入る主人公の見た目も変えられるので、飽きがこなくて良いですね。
前作の衣装も着れるみたいでなによりです。これで友達作りまくって前作で味わった孤独を埋めようかと思う。

そして何より1番変わったところは、2の主人公は「泳げる」ということです。
水の都が舞台だから泳げる設定にしたのか、それとも前作の最強主人公が「水に飛び込んだだけで死ぬ」というギャップ萌えを狙った設定が思いのほか不評だったのか。
水の中でどのくらい動けるのかは知りませんが、ルネサンス時代の川の水質は大丈夫なんでしょうか。

他にも変わった点は多々ありますが、大きな点はこれくらいでしょうか。
単調だった1の改善を2では施しているので、難易度としては若干上がるのでしょうかね。
ただ、俺TUEEEシステムはそのままらしいので、操作が複雑になったとしても私的には許容範囲には納まりそうです。
そういえば、1ではスキップできなかったムービーシーンですが、2ではスキップが可能になったみたいです。
これは改善してくれて正直嬉しいですね。


発売日前日ということで、続きにアサクリ2の実写版予告を載せておきます。
予告編なのに内容が力入り過ぎてて逆に不安になってくるんですが(^^;)
続きを読む >>
| NAU | 紹介/レビュー | 00:11 | comments(0) | - | pookmark |
アサクリ2発売まであと2日 −世界のアサシン教団から−
エルサレム
ダマレカス
アッカ(悪化ver)
↑それぞれ雰囲気が違う3大都市
(因みに私は白馬にしか乗らない)
---------------

アサシンクリード2』略してアサクリ2が12月3日に発売します。
Amazonから未だに振り込めメールが届かない…。
一部で流行ってる「振り込めない詐欺」ですか?そうですか。

PS2ユーザーだった私が初めてXBOX360をプレイしたとき、見たこともない綺麗なグラフィックにドキがムラムラしました。
あ、胸がドキドキしました。

アサクリは特に街の風景や空気の表現が素晴らしい。
建物は精巧にできていて、経年による劣化が良く表現できてるし、その間の道を往来する人々の流れはとても自然でリアリティがあります。
RPGの世界では、いわゆるモブキャラは決められた場所で決められた通りに動いて、主人公が話しかけてくるのをひたすら待っているのがセオリーです。
アサクリの住人は会話することができませんが、その分膨大な人数が街の中を歩いており、"人混み"というリアルな街の景色を創り上げています。

この人混みの中に紛れ、要人に近づき、ブスリと暗殺する。
ゲームのパッケージにも書かれている通り、人混みに紛れて暗殺することがこのゲームの醍醐味であり、最後まで敵に気付かれずに暗殺できた時は快感モノですね。
うちのアサシンはヘタレなので、すぐ気付かれてチャンバラになるけど。

アサクリ1では有名なエルサレムなどの4都市と、それらを繋ぐフィールドの5つのマップが用意されています。
どの都市も見事に創り上げられていて、画面から伝わってくる空気もそれぞれ違います。
イスラム教徒が多い街や、協会が点在している街、アサシン教団のアジト(ちょい小規模)…。
毛色の違う街を散歩するだけでも楽しい。
アサクリが「観光ゲー」と言われてる由縁が、リアルなこの表現力なワケです。

1ではシリア、そして2ではイタリアへ。
2でも美麗なグラフィックは健在らしいので、はやく水の都を歩き回ってみたいです。

で、いつAmazonから請求がくるんだろう…。
| NAU | 紹介/レビュー | 23:59 | comments(0) | - | pookmark |
アサクリ2発売まであと4日 −変なところで不親切−
大導師様と下僕

アサシンクリード2』略してアサクリ2が12月3日に発売します。
Amazonのお届け予定日が12月4日からになってるんだけど…これ、ネタで良いんだよね?そうだよね。

アサクリは洋ゲーです。海外メーカーのゲームなんです。
洋ゲーだから日本のゲームと何が違うのかと聞かれても、私の洋ゲー経験はアサクリしかないのであまりアテにならなかったりしますが。
洋ゲーは日本のゲームの常識ではありえないような実装で、ことあるごとに理不尽だったりプレイヤーに不親切だったりすることがあるようです。

たとえばアサクリの場合。
キャラが喋ったり特定のアクションを起こしているムービーシーン。
日本のゲームだと大抵はスタートボタンあたりを押すとスキップできたりします。
しかしアサクリではスキップができません。
1は同じことを繰り返す作業ゲーなのですが、イベントやるたびに会話シーンが入り都度スキップできません。
エンディングを迎えたら2週目は初めからではなく章ごとに再プレイができる仕様になっています。
そのたびに章の冒頭で必ず説教してくる大導師さまの長ったらしいお話を聞かなくてはなりません。
もちろんスキップはできない。大導師マジック。
とある話では、大導師さまの話が始まったら席を立ち、お湯を沸かし、コーヒーを煎れ、戻ってくるとちょうど良いあんばいに話が終わっているそう。今度やってみよう。

セーブはオートセーブです。
ポイントを通過したり、アイテムを取った時点でセーブされます。
1週目はリプレイがマップごとのポイントからスタート(セーブ地点からではないのがミソ)できるのでまだ良いのですが、2週目以降は大導師さまの説教から再スタートです。
もうね、何回かプレイすると大導師様のありがたいお言葉を"そら"で言えるようになるよ…。
もっとリプレイを快適にしてほしいのですが、アサクリ2でもなんか良い噂が聞こえないので若干不安です。

しかし、それでもプレイしてしまう。それがアサシンクリードの魅力。
でも、上記の不満でプレイが億劫になって辞めていく人がいるのも、また事実なので少し悲しいですね…。
| NAU | 紹介/レビュー | 15:54 | comments(0) | - | pookmark |
アサクリ2発売まであと5日 −俺のこの手が真っ赤に染まる!−
誰が殺たし

復讐果たせと轟き叫ぶっ!
さぁっくれぇぇぇつ!アァァサシンブレェェドォォォォー!!!(カットイン)


あまりにもキャラが立ちすぎているため、イザークよりもドモンの方が真っ先にきます。
というわけで、アサクリ2主人公の日本版声優は、関智一さんです。

アサシンクリード2』略してアサクリ2が12月3日に発売します。
ソワソワしすぎて音ゲではアサクリ2の舞台であるイギリス/ベネチアの曲ばっか選曲してます。
キャラがみんな仮面かぶってるんだよね。
ベネチア=仮面、か…うふふ。

2の主人公は関さんとのこと。
私個人の感想としては、納得の選任だったなと。
声はチョット高めですが、安定した良い声を持っています。

因みに世界三大恥ずかしい告白シーンのひとつに認定されている恥ずかしい台詞も過去にしてました。


最近の有名どころではドラえもん(平成版)のスネ夫役を担当しています。


1では小西克幸さんが主人公の声を担当していました。
硬派な性格が良い感じで伝わってきて、とても渋くてカッコ良かったです!

そんな渋い小西さんの歌声


アサクリ2は声を英語、イタリア語、日本語から選べるらしいですが、自分は是非とも日本語でプレイしようと思ってます。
…英語分かんないので(汗)
| NAU | 紹介/レビュー | 23:59 | comments(0) | - | pookmark |
アサクリ2発売まであと6日 −旗を420旗ひたすら探すゲーム−
存在感が薄い君

街広すぎだろ…

----------

アサシンクリード2』略してアサクリ2が12月3日に発売します。
連日アサクリの記事を書いてると、さすがにそろそろ話題が尽きかけてくる。
なんてことは無く、言いたいことはたくさんあるがそれを上手く文章にまとめるのが億劫になってくる。
最初からまとまってないケド。

初代アサクリのOPからEDまでの攻略時間は、私の場合2週間弱だったと記憶しています。
平日2時間くらいプレイして、休日を使って一気に進めました。
やり込みとしては、コレクション系収集以外ほぼ網羅してエンディングといった感じです。
アサクリ2ではどのくらい内容があるのかはまだ分かりませんが、たぶん1の時と同じくらいの時間でクリアできるんでないの?と勝手に思ってます。

因みに、アサクリはストーリー進行に最低限必要なイベントだけをこなしながら進めると、土日の2日あればクリアできてしまいます。
ソースは友人のカブ(人間)
3時間かけてウチに泊まりに来たカブに寝る間も惜しんで暗殺させたら、帰るギリギリにエンディングまで見事やり抜き「チクショー!!」と言いながら帰っていきました。
カブは壁をよじ登ったり人混みで全力ダッシュを絶対にしない律儀なアサシン(笑)だったので、かなり回りくどいプレイをしていました。だから人によっては1日で終わってしまう内容かもしれませんね。

初代アサクリのプレイ時間引き延ばしの為に用意されているのが「旗収集420旗」「テンプル騎士60人暗殺」ですが、これらを攻略サイト(もしくは本)無しで攻略しようとすると、プレイ時間が確実にカオスになります。
一番怖いのは、攻略情報を見ながら旗を収集していき、最後の1旗取って「よっしゃコレで終わりィ!!」と喜んだあとに実はもう1旗取り残しがあったという場合です。
攻略サイトのマップ上に表示されているポイントは、全て探してマーカーまで付けた。
なのにゲーム画面では旗を取り残してるよ、と表示されている。
なん…だと…。
となること請け合い。

アクションゲームで、最強に強い裏ボスを倒す…みたいなやり込み要素はスルーしてしまうことがありますが、こういった時間さえあればできそうなやり込み要素は、なぜかやってしまいます。
テンプル騎士討伐の場合は向こうが自分を見つけたら奇声を発しながら追いかけてくるのでワリと楽ですが、旗は存在感が無いうえ建物の陰や隙間にひっそりと置いてあるのでかなり厄介です。
攻略情報なしで旗収集やった人は、アサクリの広大なマップを覚えられるんじゃなかろうか。
私も現在2週目(最初から)プレイしてますが、EDまで見終わったら今度こそフルコンプしてやろうかと思います。

2では別のやり込み要素があると思いますが、ポイントの近くを通ると妖怪アンテナが反応するみたいな何かしらのアクションが欲しいなぁ…。
| NAU | 紹介/レビュー | 20:39 | comments(0) | - | pookmark |
アサクリ2発売まであと7日 −電車の窓から見る忍者みたいなアレ−
ぶ〜らぶら

アサシンクリード2』略してアサクリ2が12月3日に発売します。
海外版発売してからネタバレが怖くて情報サイト行ってないのですが、だんだんと不安になってきました。
糞ゲ認定されてたらどうしよう…。


アサクリの一番の魅力は、なんといってもフリーランニングです。
「フリーランニング」もしくは「パルクール」は、道具を使わず自分の肉体だけで障害物を越えていく移動技術のこと。

アサシンクリードシリーズの主人公は身体能力が超人レベルなので、壁に向かってアナログスティックを倒せばスイスイとよじ登ってくれます。
高い塔でも取っ掛かりさえあればどんどん登っていきます。
降りる(落ちる)ときは下に藁さえあればどんな高さから落ちても無傷。藁パネェっす。

と、フリーランニングでどんどんとマップ中を進めるワケです。
上手くいけば、街の端から端まで一直線に横断できたりするかもしれない。
簡単に屋根の上に登っちゃったりできるので、人混みで通行困難な道を行くより、障害物も少なくピョンピョン飛び跳ねられる屋根の上(通称「空中庭園」)を好んで通っていたりしてます。
しかし街なかで壁をよじ登ったり、塀の上でうんこ座りしてるのはゲームの中でも浮いた行為らしく、道行く人から「大の大人が情けない…」とか、わりと良く響く声で非難されますが(汗)

アサクリを買った頃、休日中ずっとアサクリをプレイした日がありました。
プレイし終わったあとに街を歩くと、視界に入る建物や塀を見るたびふと「あ、登れそう」と登り方を考えてしまったり、アサシンを壁に這わせたりしてしまってニヤけていた…もといたいへん困りました。
学校の行事でロッククライミングを1日体験してきた友人がいますが、話を聞くと「次の日両腕が曲がらなくなり、手で掴んだ食べ物を口に運ぶことができなくなった」と言ってました。
ゲームで主人公が華麗にフリーランニングするところを見て「自分にもできそう!」って思うかもしれませんが、実際のフリーランニングはそんじょそこらの一般人には到底できない高度な技術です。
くれぐれも壁の垂直走りに挑戦しようとしないように(自戒自戒…)
| NAU | 紹介/レビュー | 20:55 | comments(0) | - | pookmark |
アサクリ2発売まであと8日 −アサシンと暗殺者−
テロの風景1
テロの風景2
↑テロの風景
----------------

アサシンクリード2』略してアサクリ2が12月3日に発売します。
Amazonで予約したので発売当日にプレイできないおそれがあるうえ、発売直後の土日に地獄の1泊忘年会が待っているので、
実はまともにプレイできるの発売日の1週間後じゃね…?という不安が私の中で芽生えつつあるアサクリ2。
じっくり腰を据えてプレイしたい。それがささやかな希望的観測です。
きっと無理だけど。


ところで、アサシンクリード(初代)をプレイしてみて「つまらない」という人の何人かが、レビューなどで

ぜんぜん暗殺っぽいことをしない。

と書いていたりする。
確かに、忍者みたいに闇討ちとかスナイパーみたいに遠くから狙い撃ちするわけじゃない。
気付かれずに要人を暗殺することも対象によっては可能だけど、殺したあと必ず見つかるし…。

けれど、暗殺という言葉を調べると、テロリストという言葉と重なる部分も多いとのこと。
このゲームの中でいう「暗殺」とは、誰が殺したかも分からないような静かな殺人ではなく、民衆の前でわざと目立つよう殺す、そしてどこどこに所属する誰が殺したかもハッキリとより多くの人に知らしめる為の行為を暗殺といっているのだと思う。

…と、こんなことを書くと思い浮ぶのは911事件なんですが、テロと暗殺の違いは「無差別に人を殺したかどうか」らしく、無差別殺人やった結果要人を仕留めることができても、それはテロに分類されるらしい。
アサクリはストーリー上無差別殺人はしていないことになっているので、テロではなく「暗殺」だということです。
まあ、システム上では普通に一般人殺せるので全国の現代アサシン(プレイヤー)はみんなテロリストですけど(汗)

そんなわけだから、面白く感じない理由に「暗殺しないんだもん」があるのは、ゲームに感じていた印象というか前提の認識がズレていたために起こったかなぁと思ってます。
アサクリは特に「こうだと思っていたのに違った」ということが良くあるゲームなので、私の記事を見てもし興味をもたれた人は、ぜひともいろいろな人のレビューを見て参考にしていただければと思います。
| NAU | 紹介/レビュー | 21:28 | comments(0) | - | pookmark |
最近ファミマが流行ってるらしい
ロー○ンなんてぶっ潰してやんよwww嘘です。


【1号店】
【ファミマ入店音】ファミマに入ったらテンションがあがった【Remix】


【秋葉原店】
【ファミマ入店音】ファミマ秋葉原店に入ったらテンションがあがった


【海外1号店】
【ファミマ入店音】ファミマイビザ店に入ったらテンションがあがった


【海外2号店】
【ファミマ入店音】ロッテルダム店に入ったらテンションがあがった


【海外3号店】
【ファミマ入店音】ドイツのとある店に入ったらテンションがあがった


【FF店】
【ファミマ入店音】ファミマに入ったら心が癒された【ピアノRemix】


【天国1号店】
【ファミマ入店音】うちの近所のファミマはこんな感じだった


【墓地前店】
【ファミマ入店音】ファミマ墓地前店に入ったらテンションがあがった


他、現在進行形で店舗数拡大中。。。
ここ2年間毎日のようにファミマに行ってる自分は勝ち組だと思いました。嘘です。
ファミチキはおいしいと思う反面、ちょっと値段が高い気がするので値下げしないかなぁ。
| NAU | 紹介/レビュー | 00:12 | comments(0) | - | pookmark |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

bolg index このページの先頭へ